スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民年金と厚生年金の違い

健康保険とセットになっているのが年金です。

  健康保険組合・協会けんぽ → 厚生年金
  国民健康保険 → 国民年金

となっています。

一般論として、

「国民年金よりも、厚生年金の方がいい」

ということになっています。

1つ目の理由は、年金保険料の半分を会社が出してくれる。
2つ目の理由は、扶養者(奥様の分)の基礎年金保険料を払わずに済む。
3つ目の理由は、遺族年金・障害年金の手当が厚くなる。
他、育児休暇時の保険料が免除(年金額には反映される)などもあります。

年金はよく2階建てで説明されます。
国民年金では、いわゆる基礎年金という1階しかありません。
厚生年金では、基礎年金の上に厚生年金がつき2階建てとなります。

国民年金の保険料は月額14660円と定額で厚生年金よりも月々の支払いは安いです(収入が低いと厚生年金の方が安い場合もある)。基礎年金だけですので当然ではあり、それだけでは将来もらえる年金は少なくなります。

一方、厚生年金の方の支払いは、
月収50万円の方で、月額約4万円の負担となっています。ボーナスがあればさらに負担が増えます。
一見、厚生年金の方が月々の負担が大きくて損な感じですが、これも労使折半されており、実際は8万円の年金保険料を払っていることになります。

月々の支払いが1万4千円と8万円の差ですから、いざ定年になって、勤め人の年金が多くて、自営業の方の年金が少ないのは当然といえます。

国民年金の方は、付加保険料を払ったり、国民年金基金に加入したりして、少しでも年金が増える努力をしたほうがよいかもしれませんね。将来のために。

まあ、
「年金なんか信じられねー。自力でお金増やしてやるー!」
「将来より、今のほうが大事だー!」
という方々は月々の支払いが少ない、国民年金だけでいいのかもしれません。(そもそも、払ってなかったりして(・・。)ゞ)


こちらのサイトでも詳しく述べられています。御覧になって下さい。

「かんたん国民厚生年金」
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/kouseinenkin-hikaku.html

「どうなってるの!年金保険料」
http://www.think-nenkin.jp/index.html

「保険料についてのQ&A」
http://sooda.jp/qa/70567
スポンサーサイト

テーマ : 社会保険
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。